FC2ブログ
勝ちましたね!
初づくしの勝利
海外のW杯で初勝利
日本人監督で初勝利
初戦で初勝利
それをアフリカ大陸代表にアフリカ大陸で勝ったと
いう事がすごいですね!
 我が町のクラブがあると代表への関心が薄れるのは
世界共通のようですがW杯は別物!
 日本代表の活躍はJリーグの盛り上がりに直結します!
このまま勝ち進め!頑張れ日本!

さてこの試合テレビで観戦した方も多いと思いますが皆
さんはどちらでご覧になりましたか?
 W杯と言えばやはり楽しいのはPVということで
僕は高岡駅南にあるブラジル料理コラサン・ド・ブラジル
でカターレサポーター仲間と観て盛上がりました。
 コラサンでは午前3時30分キックオフの試合も含めて
日本とブラジルの試合は開店してPVを行うそうです。
 4年に一度の世界最大の祭典を一緒に楽しみませんか?


この日のカターレスクールではチビたちも歴代代表の
ユニフォームで練習です。

CIMG1861.jpg
CIMG1862.jpg
CIMG1863.jpg
奈凪海はシドニーオリンピックモデルの名波で。
颯之介は北京オリンピックモデルのユニフォームで
近年の日本代表はW杯と五輪で2年ごとにモデル
チェンジを行ってますが、皆さんの好きな?
代表ユニフォームは?

そしてユニフォームを見比べるのもW杯の
楽しみの一つ!
今回はコンプレッション機能なのど高機能な
モデルをどのメーカーも採用してますが逆に
デザインは原点回帰ののシンプルな物が多い
ですね。
 どの国のユニフォームがお気に入りですか?

さてまだまだ続くワールドカップ。
寝不足はしんどいですが色んな楽しみが満載!
今後もワールドカップを大いに楽しみましょう!

スポンサーサイト



駒沢には行ってません。
今住んでいる砺波は昨日今日と夜高祭りです。
今日の試合はチビたちのサッカースクールの送りと
診療があった為ライヴで少しと録画で観ました。
苦しい時ほどアウェーにも駆け付けて精一杯声を出した
かったんですが・・・


CIMG1857.jpg
中断までアウェー8戦全敗ですか・・・う~ん
かなり暑かったのか前半から足が止まり気味でしたね。
普段から鍛えている選手たちですからボールが出た所
には懸命に走って行きます。頑張ってます。
でも暑いと一歩目が出なくなってくるんだよね。
考えてから動くからどうしても出足が遅くなります。

でもそこを意識して動き出さないと余計に苦しくなって
解説の方に言われてたように何となくプレーしている
ように見えてしまうんですよね。
 特に気になったのはボールを受ける動き出しの無さ。
富山は常に球を受けようとする動きの選手が朝日、マコ
苔口くらいに今日の先発メンバーだと限られてます。
だから完全に出所が読まれて朝日、苔口が孤立してしまう。
選手全員が受ける意識を常に持って頑張って長い距離を
走らなくて良いからほんの2,3歩後ろに下がったり
近づいたりすればもっと楽にテンポ良く
ボールがまわるのになぁ・・と思った場面が幾度も。
 結局そういった動きがないから良いパスが1本入っても
ボールを受けてからパスを捜す事になるから3テンポも
4テンポも球離れが遅く攻めの形になりませんでした。

昨夜2010W杯開幕戦のメキシコを見た後だとその辺の差を
凄くじました。
 比べる所が変だろ!と思う方もいると思いますが、でも
サッカーって結局そこなんですよね。
凄い身体能力とか魔法のようなボールタッチとか以前に判断
の速さ、チームの意思統一とかが大事で勝敗を分けていく
ものだと思います。

この中断期間に選手たちにはとことん話し合って自分の
したいプレー、してもらいたい動きなどを皆で話し合って
連携を高めつつコンディションを整えて欲しいです。

選手には選手のスタッフにはスタッフの役割があります。
そしてサポーターはW杯を沢山観て目を肥やしておきま
しょう!
そしてスタジアムに1人でも多く誘って行き。
良いプレーには拍手と大きな歓声を。
消極的なプレーにはため息やブーイングを。
それを続けていく事でクラブは強くなって行きます。
それがサポーターの役割ではないでしょうか?
 
テレビやネットの向こう側からグチグチ文句言ってても
クラブは強くなりません。
言いたい事はスタジアムに来てサポーターの役割を果たして
から直接伝えていきましょう!

僕もこれからもイベントや試合の感想を伝えていく事に
より少しでもカターレ富山を楽しむきっかけになれるように
微力ながらも尽力したいと思っています。

さぁ今夜はアルゼンチンの、メッシの登場だ!
楽しみだなぁ。



やりましたね!カターレ富山勝利!
連敗を止めました。
結果が伴わない苦しい敗戦が続いただけに
この勝利は格別。
勝利の立役者は何と言っても・・・・


CIMG1836.jpg
麻衣ちゃん・・・ヽ(〃∇〃)ノ

勝利の女神です。
今までゴール裏辺りでお会いした時にはぜ~んぶ
勝ってます。
今年も4勝のうち3つはゴール裏辺りに来てくれた
ときですからね!
何だか本当に勝利の女神の微笑が欲しいと思うよう
な試合が続いてたので意外とこんなのって必要かも
しれません。
 試合前後によくサポーターとのふれあいをして
くれてるので麻衣ちゃんに会いにスタジアムに来る
ってのでもいいかもしれない!
 さぁ県総に行こう!


試合の方に話を戻します。
鳥栖はすごいですね。昨年の主力を多数引き抜かれて
よくあれだけのいいチームを作ってますね。
この試合勝っていたら単独4位でした。
監督松本育夫氏の手腕でしょうか?
この日も開始直後から押されまくってました。

その嫌な流れを一蹴したのが黒部のスーパーゴール!!
あんなゴールは生で一生で何度も見れるものじゃああ
りませんよ!
 特にメインスタンドの方は記憶に残るシュートでは
なかったでしょうか?
 ゴール裏は何が起こったのか分からず一瞬間があいて
歓声が起こりました。

さて今シーズン雄二の調子が悪いんじゃないか?と言れ
ている方もいるみたいですがそれは違うような気がしま
す。
今年使われている球はジャブラニ(JABULANI)なんです
が、新聞やネットの記事で見られた方も多いと思います
けれど各国のGKは不満を抱いてるようですね。
 スポーツショップで触れて頂ければ分かると思います
が定価1万7000円位するこのボール。レプリカとは全く
質感が違い触った瞬間、あれ?これおもちゃ?
と思ってしまうようなツルッとした感じです。
僕はこの球をカターレ親子サッカー教室の中の選手との
ミニゲームで蹴る事が出来たんですが、コンパクトに
ミートするとかなり球が伸びます。
 トラップする時は気をつけないと思ったより弾みます。

昨年の球は逆で表面にゴルフボールのような凹凸があり
ひっかかりやすい感じがしました。

実際昨年はセットプレーでは無回転FKは打ちにくかった
ようで回転をかけたFKのゴールが多く見られましたが、
今年は国内外を問わず兎に角ミドルシュートがよく入って
ますね。
 しっかりとミートされたボールはすごい変化してます。
これは雄二も大変です。
 でも条件は同じはず?
そうです。
 だからチャンスがあれば多少距離があっても角度が無く
てもどんどんシュート打ってしっかり詰める。
これをチームで徹底して欲しいですね。
 苔口も黒部も体現してくれてますので他の選手も続いて
欲しいです。
 この試合前半に船津が良い位置で球を持ったのですが、
朝日にパスを出してオフサイドになってしまいました。
せっかく朝日がDFを引き付けたのだからあそこはシュート
して欲しかった。
 船津は相手にとって嫌な選手に成長してきているのだから
こんどは船津といえばミドルシュートと言われるようにな
って相手にとって怖い選手になって欲しいと思います。

今週土曜日は中断前最後の試合アウェーベルディ戦。
連勝して気持ち良く中断期間に入りたいですね!
頑張れカターレ富山!


  ミドルシュートを打て!
  ミドルシュートを打たせるな!


 
 えっと、まぁ札幌には行ってないんですけども。
この日は自分の社会人リーグの試合が丁度カターレの
試合と同じ位の時間にありました。
食事とお風呂を済ませて午後9時に帰宅。
それからテレビで日本-イングランドとジャイアント
キリング見てから深夜に録画で試合を観ました。
日本代表とカターレを続けて観ると・・・
似たような試合をするなぁとつくづく思います。
悪い所もそっくりだった。

代表の試合で解説の福西が『ずるずるDFラインを下げて
はいけない!』と言っておりましたが、それはカターレ
も全く同じ。
バイタルエリア付近でボールを持たれると怖がってDF
ラインがずるずると下がって容易にミドルを打たせてし
まって失点を重ねています。
僕もDFやる事が多いから裏を取られない様に下がりたく
なるのは分かるけどJ以上のカテゴリーであそこまで
フリーに打たせるとやっぱりやられちゃうよね。
それがまず1つ目。

2つ目は皆不可思議に思ってるだろう事。
なぜもっとシュートを打たないんだろう?
特に前半に失点したような強風を利用したシュートや
雨の時には低い弾道のシュート。
こういったので失点を重ねているのにカターレは全然
しない。
本当になぜなんだろう?
時々打つミドルはパス出せないから打ちました。
みたいな横に逃げてからお尻の落ちた打ち方のシュートで
打ち上げるから相手の脅威にならない。
 この試合も何度か思い切って打てそうな場面があって
テレビに向かって『打てっ!』と叫んだけど必ず横向きに
トラップしてしまう・・・。
う~む。

この2つは監督の戦術どうこうの問題ではなく選手各々の
意識の問題だから皆で集まって試合の録画を見直して、
しっかりと話し合えば良くなる筈だから是非意識の改革を
してアグレッシブなワクワクするサッカーを魅せて欲しい
ところです。

ただそのためにはサポーターの役割も重要!
ピッチに立ってプレーしているのも人間ならば
そのピッチの雰囲気を作るのも人間。
選手がノル雰囲気をスタンドで作らなきゃいけないと思い
ます。
この試合厚別ではコンサドーレは若手は乗せられてどんどん
積極的なプレーをしていたし、何気ない前線へのフィードも
キリノが走るだけでスタンドが沸くからカターレDFが何てこと
ないボールの処理を慌ててしまった場面がいくつかあった。

カターレの勝利が観たいならばスタジアムに行こう!
知人を誘って行こう!
スタジアムで思いっ切り声を上げてみよう!

次の試合は6月5日土曜日富山県総合運動公園陸上競技場
vsサガン鳥栖 午後4時キックオフ!
みんなで県総へ行こう!






プロフィール

たちカイロプラクティック治療院

Author:たちカイロプラクティック治療院
たちカイロのブログへようこそ!
主にカターレ富山を応援するブログになってます。
近いうちにカイロ的健康話をのせたいと思います。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

Copyright © たちカイロプラクティック治療院